借金返済を滞納する前に見直すべきポイントと対策

借金返済を滞納する前に見直すべきポイントと対策

借金返済を滞納する前に見直すべきポイントとしては、月々の収支状況にあります。

何にどのくらいお金を使っているのか今一度見直し、削減できるところはしっかりと節約していきましょう。

個人で収支管理ができない場合は、最近は便利なクラウド会計ソフトや家計簿アプリなどもありますので、積極的に活用してください。

Zaimなどの無料家計簿アプリではスマホで簡単に毎月の収支が確認できるので、無駄に使い過ぎている項目が分かりやすいです。

また、毎月の収支を見直すコツとしては、食費等の変動費ではなく家賃や公共料金などの固定費を先に減らすようにしましょう。AmazonプライムやNetflix等のサブスクリプションに加入されている人も、解約することをおすすめします。

頑張っても生活費の節約が難しい場合

「どう頑張ってもこれ以上生活費の節約は困難だ…」という人は、副業をはじめてみるのも一つの手段です。支出を減らすのが難しいのであれば、少しでも収入を上げる手はないか考えるということです。

しかし、多くの人が本業で収入を上げるのはかなり難しいでしょう。

幸い、今はネットで取り組める副業が大変多いので、隙間時間でも小額であれば稼げるビジネスは存在します。本業で身につけたスキルや知識が活かせる副業を見つけて、少しでも今より収入を上げることができれば借金返済も楽になります。

家族や友人に助けを求める

「本業が忙し過ぎて、副業すらやる時間がない…」という人は、ご家族や友人にお願いして援助してもらうという方法もあります。借金に関する問題はなかなか他の人には相談しづらいと思います。

しかし、信頼できる家族や友人に勇気を持って打ち明けることにより、力になってもらえるかもしれません。一人で抱え込んでいても一向に状態は改善しませんので、まずは信頼のおける人に相談してみましょう。

相談することで思わぬ援助をしてもらったり、他の解決策が浮かんだりする可能性もあります。ただし、お金に関するトラブルは人間関係に大きく影響を及ぼしますので、リスクを承知の上で相談する相手は慎重に選ぶようにしてください。

借金の借入先を一本化する

複数の消費者金融から借入を行っている場合は、ローンを一本化することで金利を下げて返済の負担を軽くすることができます。

一般的に「おまとめローン」とも言われており、借金残高を一つの借入先に集約するということです。

「おまとめローン」のメリットとしては、大きく分けて3つ。

  1. 金利を下げて借金の負担を減らす
  2. 返済日が管理しやすくなる
  3. 年収の3分の1を超える借り入れを禁止する総量規制の対象外である

一つの借入先に統一することで、かなり返済までの道のりを分かりやすくすることができます。

しかし、逆に「おまとめローン」にはデメリットもあります。

低金利で借入ができたとしても返済期間が長くなってしまうと、元の複数の消費者金融から借りていた状態よりも、総返済額が多くなることです。

ですので「おまとめローン」を行う際には、最終的にどのくらいの返済額になるのかしっかりと比較検討した上で、実行しなければなりません。

借金返済カテゴリの最新記事