借金による差し押さえに関して弁護士に相談するメリットとデメリット

借金による差し押さえに関して弁護士に相談するメリットとデメリット

借金による差し押さえになる前に弁護士に相談して、対策を練るのが一番よい方法です。

できれば債権者から「催促書」が届く前に早期に弁護士に相談する方がよいのですが、届いてしまった人は早急に弁護士に相談しましょう。

借金による差し押さえを弁護士に相談する4つのメリット

  1. 事前の財産調査や過去の借入に関して調査してもらえる
  2. 債務整理などの執行に関する手続きを任せられる
  3. 相談者に適した執行方法を提案してもらえる
  4. 費用倒れになるリスクが少ないので安心して依頼できる

借金関連で悩みがある場合は早期に弁護士に相談することで、最悪の事態を回避することが可能です。逆に相談するタイミングが遅れてしまうと、打てる対策も少なくなってきます。

借金による差し押さえを弁護士に相談するデメリット

借金による差し押さえを弁護士に相談する一番のデメリットは「弁護士費用がかかること」

にあります。一般的に弁護士事務所に相談する際には、

  • 相談料
  • 着手金
  • 報酬金
  • その他(交通費・出張代など)

などが弁護士費用としてかかってきます。弁護士費用に関しては、決まった規定などはとくにありません。借金に関する相談をする際には、必ず料金を確認した上で依頼するようにしてください。

借金返済カテゴリの最新記事