完済後に過払い金請求ができる条件

完済後に過払い金請求ができる条件

借金完済後に過払い金請求を行う際には、条件があります。

そもそも過払い金とは、グレーゾーン金利での本来支払わないでよい利息の返済がある場合に、債務者に貸金業者から返還されるお金のことを意味します。

グレーゾーン金利とは、出資法の法改正が行われた2010年6月17日以前に、出資法の上限金利であった29.2%を元に貸し出していた金利のことです。

2010年6月18日以降は上限金利が20%までと統一されたので、それ以前に払い過ぎていた利息がある場合には、過払い金の請求が可能です。

ただし、基本的には低金利である

  • 信用金庫
  • 労働金庫
  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • 奨学金

などに対しては、借金完済後もしくは返済中であっても過払い金は発生しません。

その他、借入を行っていた貸金業者が倒産してしまった場合でも、過払い金請求ができませんので注意が必要です。

また、過払い金請求自体に時効が存在しており、完済から10年経つと時効が成立してしまい、過払い金があったとしても請求ができません。

完済後の過払い金を計算する方法

借金完済後に過払い金請求を行う際には、一度どのくらいの過払い金があるのか計算する必要があります。

実際に過払い金額があまりにも少ない場合は、弁護士費用や時間的なコストがかかってしまうため、かけたお金や時間に対して金額が見合わないケースがあるからです。

借金完済後の過払い金額を知るためには「引き直し計算」をします。

例えば過去に金利20%の消費者金融から、100万円の借入を行っていた場合ですが、

100万円(借入額)× 1.2(金利20%)= 120万円(返済額)

となります。

また、利息制限法にのっとり金利15%で計算し直すと

100万円(借入額)× 1.15(金利20%)= 115万円(返済額)

となる訳です。

後は、最初に支払った120万円から計算し直した150万円を引くことで、返還される過払い金が5万円である事が分かります。

上記の計算はあくまで分かりやすく提示していますが、個人で過払い金を算出するのが難しい場合は、弁護士に相談するようにしてください。

完済後の過払い金請求がローンやクレカに及ぼす影響

借金完済後に過払い金請求を行う際に、住宅ローンや自動車ローン等に影響がでてしまうのではないかと、心配ではないでしょうか。

結論からいうと借金完済後であれば過払い金請求を行っても、既に組んでいるローンやこれから新規に契約しようとしているローン等に、影響が出ることはありません。

ただし、借金がまだ返済中の段階で過払い金請求を行い、返還された過払い金で今ある借金が完済できなかった場合は、ブラックリスト状態となるため注意が必要です。

ブラックリスト状態になると新規で住宅ローンや自動車ローン等を組む際には、高い確率で審査が通らなくなってしまいます。

特に住宅ローンの場合は、審査がとても厳しいため場合によっては信用情報に傷が何もなくても、個人の属性の問題などで審査が通らないケースもあるのです。

新規に住宅ローンの契約を組もうかと検討されている人で、借金を完済している状態で過払い金請求を行おうかと迷っている人は、先に過払い金請求の方を済ませましょう。

一度に行ってしまうと、万が一、過払い金請求に問題があった際には、新規の住宅ローン契約の方にも影響が及かねませんので注意が必要です。

本当に借金を完済しているのか再度確認を行う方法

過去に複数の消費者金融から借金をしていて、本人は全て完済したと思っていたとしても、実はまだ支払い残しがあったということも珍しくはありません。

過払い金請求は返済中であっても行うことはできますが、借金返済中に過払い金請求を行うのと全て完済してから行うのとではリスクやデメリットが異なります。

その上、払い残しの借金にはもちろん利息が換算されるので、万が一、違法ではない金利で貸し出されていたとしたら、かなりの損出になることでしょう。

そうならないように、複数の消費者金融から借入を行った経験がある人は必ず、再度払い残しがないかチェックする必要性があるのです。

借金の返済履歴などは、各消費者金融に問い合わせることで受け取る事ができますので、是非とも気になる人は問い合わせてみてください。

完済後の過払い金請求に関するよくあるQ&A

完済後に過払い金請求を行う際に、ブラックリストに載ることはありますか?

借金完済後であれば過払い金請求を行っても、ブラックリストに記録されることはありません。

そもそも過払い金請求には、大きく分けて3つのパターンがあります。

  1. 借金完済後に過払い金請求を行う
  2. 借金の返済中に過払い金請求を行い、返還された過払い金で今ある借金を完済する
  3. 借金の返済中に過払い金請求を行ったが、返還された過払い金では今ある借金を完済できなかった

3つのパターンの中で、ブラックリストに記録されるのは3つ目の場合のみです。

完済後に過払い金請求を個人で行うのは可能でしょうか?

借金完済後に個人でも過払い金請求を行うことは可能ですが、個人で行う際には手続きが面倒な上に、家族や会社に借金をしていた事がバレる可能性があります。

基本的には、弁護士に過払い金請求の調査を行ってもらった上で、過払い金請求まで全て弁護士に任せるのが一般的です。

弁護士に任せる事で面倒な手続きなども必要なく、会社や家族にバレる事なく、スピーディーに手続きを完了させる事ができます。

完済前の借金も過払い金請求を行うことはできますか?

借金の返済中でも過払い金請求はできます。ただし、返済中の場合は完済後とは違い、ブラックリストに記録されるリスクがあります。

借金の返済中に過払い金請求を行う際には、最初に返還された過払い金で今ある借金を完済できるかの確認が必要です。

万が一、返還された過払い金で今ある借金の完済ができないとなると、任意整理となり信用情報機関に事故情報として記録されてしまいます。

いわゆる「ブラックリスト状態」となってしまい、クレジットカードの利用や新規ローン契約などが一切できなくなりますので、返済中の過払い金請求は注意が必要です。

完済後に契約書や領収書を捨ててしまったのですが、過払い金請求できますか?

借金の完済後に契約書や領収書を捨ててしまっても、過払い金請求には問題ありません。

多くの人が借金の完済後には、契約書や領収書は捨ててしまいます。

契約書や領収書を捨ていても、消費者金融などの貸金業者は全ての取引履歴をしっかりと保管しているため、問い合わせをすれば履歴を調べる事が可能です。

ただし、借入を行った貸金業者名を忘れてしまった場合は、問い合わせができないので、絶対に忘れないようにしましょう。

完済後に過払い金請求を行った場合、新規契約するローンには影響ありますか?

借金完済後に過払い金請求を行っても、その後に新規契約する住宅ローンや自動車ローンには何も影響はありません。

過払い金請求でローンに影響がでる場合としては、ブラックリスト状態になった時に限られます。

とは言え、借金完済後の過払い金請求中に新規ローンを契約する行為は、あまりよろしくないのでしっかりと過払い金請求を終えた後に、新規のローンを組むようにしましょう。

参考記事

過払い金カテゴリの最新記事