過払い金の返還を請求する方法

過払い金の返還を請求する方法

過払い金を返還請求する際には、一度弁護士か司法書士に相談するのが得策です。

過払い金請求は個人でもできないことはありませんが、手続きなどの手間を考えると弁護士に依頼した方がとても効率的です。

弁護士に相談して過払い金請求を行う

弁護士に相談することでより良い対策を提案してくれる上に、面倒な手続き等はすべて行ってくれますので、専門知識等も必要ありません。

また、お金をどこから借りたか個人で調べたい人は、信用情報機関に問い合わせることで調べることができます。

借入状況すら自身で把握していない状況だと、弁護士に相談のしようもありません。

現在の状況が把握できていない人は、是非ともご活用ください。

<主な信用情報機関>

過払い金請求の流れ

過払い金請求時の大まかな流れとしては、主に4ステップとなります。

  1. 弁護士に相談する(過払い金の調査を依頼)
  2. 請求を弁護士に依頼する
  3. 債権者と交渉または裁判を行う
  4. 過払い金が返還される

また、債権者と交渉で和解する場合は、時間も掛からず早く終わらせることができますが、満額取り戻すことはかなり難しいです。逆に債権者と裁判になった際には、満額取り戻すことはできても、返還されるまでにかなり時間がかかってしまいます。

弁護士に相談する

過払い金請求を行うには、最初に弁護士に相談します。

弁護士側が過去を遡り、過払い金が発生していないか徹底的に調べてくれるので、調査を依頼した後は特に本人がやることはありません。

また、相談する弁護士によっては相談料や出張代金・交通費等を徴収する人もいますので、予め調べた上で依頼するか判断しましょう。

請求を弁護士に依頼

過払い金の金額がどのくらいかしっかりと確認した上で、改めて返還請求を債権者に対して行うか判断します。

また、調査だけでは過払い金の時効は止まりませんので、時効が差し迫っている人は早期に改めて弁護士に返還請求の依頼を行いましょう。

弁護士側が受任すれば後は、本人は結果を待つだけです。

債権者と交渉または裁判を行う

過払い金の返還請求を債権者側に行うには、主に2つの方法があります。

  • 交渉
  • 裁判

交渉の場合は、早期に和解案が締結されて過払金が返還されますが、全額取り戻すのはかなり難しいです。

また、裁判の場合は、過払い金の返還に時間がかかるものの満額返還されます。

どちらがおすすめだとは言い難いですが、時間に余裕がある人は裁判の方が、満額取り戻せるのでよいと言えるでしょう。

過払い金が返還される

裁判や交渉により過払い金の返還請求が受理された後は、債権者側から入金されるのを待つだけです。

弁護士に支払う手数料は、返還された過払い金から差し引かれることもありますが、基本的に報酬体系は事務所によって異なります。

そのため弁護士費用に関しては、しっかりと事務所に確認しましょう。

また、過払い金の返還請求に関する判決や和解が行われるまでの期間としては、大体3ヶ月〜10ヶ月程度が目安となります。

過払い金カテゴリの最新記事