借金滞納によるブラックリスト入りした場合のリスクと期間

借金滞納によるブラックリスト入りした場合のリスクと期間

債権者が借金を滞納していることを「個人信用情報機関」に対し通知を行うことで、債務者はブラックリスト状態となります。

借金滞納によりブラックリスト状態となると、クレジットカードやローンなど一切利用できなくなってしまいます。

新しくクレジットカードを発行しようとしても、審査が降りずに発行できません。

また、個人信用情報機関には主に3社あり、消費者金融やクレジットカード会社、銀行等はいずれかに加盟して顧客情報を共有しています。

個人信用情報機関名主な加盟機関
CICクレジットカード会社
JICC消費者金融(アコム、アイフル、プロミスなど)
KSC銀行

ブラックリストへの情報登録期間としては、それぞれ契約継続中および契約終了後5年以内となっています。

一度「個人信用情報機関」のいずれかに登録されてしまうと、利用していないクレジットカード会社や消費者金融等も新規には、一切利用はできません。

また、キャッシュレスが進んできている今の世の中で、クレジットカード支払いができないのはかなりの痛手となります。

借金の滞納によりブラックリスト状態になる前に、早期に弁護士に相談しましょう。

参考記事

借金返済カテゴリの最新記事