master

1/3ページ
  • 2020.12.25

借金返済を滞納する前に見直すべきポイントと対策

借金返済を滞納する前に見直すべきポイントとしては、月々の収支状況にあります。 何にどのくらいお金を使っているのか今一度見直し、削減できるところはしっかりと節約していきましょう。 個人で収支管理ができない場合は、最近は便利なクラウド会計ソフトや家計簿アプリなどもありますので、積極的に活用してください。 Zaimなどの無料家計簿アプリではスマホで簡単に毎月の収支が確認できるので、無駄に使い過ぎている項 […]

  • 2020.12.25

借金返済の滞納に関する時効の成立は期待できない

借金返済の滞納を「時効」により免れようと、考えている人も中にはいるでしょう。確かに借金の滞納は、5または10年で時効により消滅するように定められています。 しかしながら、消費者金融側は裁判を起こすなどして時効を先延ばしにすることもできますので、借金の時効が成立するのは極めて困難だといえます。 実際に借金が時効成立により、解消したケースは極めて少ないです。 借金の時効とは? 「借金の時効」とは、借金 […]

  • 2020.12.03

借金の利息を減らす2つの方法

借金の金利を理解した上で利息を減らす方法としては、主に2つあります。 金利を下げる 借入残高を減らす 「借入残高 × 金利% ÷ 365日 × 1ヶ月 = 1ヶ月分の金利」 金利の計算式をみて頂いたら分かるように、利息を減らすには「借入残高」もしくは「金利」を下げるしか方法がないのです。 金利を下げる 今よりも金利を下げる手段としては、今借りているところよりも更に低い金利で貸し出してくれるところに […]

  • 2020.11.22

借金による差し押さえに関して弁護士に相談するメリットとデメリット

借金による差し押さえになる前に弁護士に相談して、対策を練るのが一番よい方法です。 できれば債権者から「催促書」が届く前に早期に弁護士に相談する方がよいのですが、届いてしまった人は早急に弁護士に相談しましょう。 借金による差し押さえを弁護士に相談する4つのメリット 事前の財産調査や過去の借入に関して調査してもらえる 債務整理などの執行に関する手続きを任せられる 相談者に適した執行方法を提案してもらえ […]

  • 2020.11.20

借金による差し押さえが決定するまでの流れとタイミング

借金による差し押さえが決定するまでの流れとしては、主に4つの段階に分けられます。 金融機関から差押予告通知書(催促書)が届く 裁判所から支払督促申立書が特別送達で届く 裁判所から仮執行宣言付支払督促が届く 強制執行により差し押さえが行われる 人によってはある日突然業者がやってきて、取り立てていくというイメージをもたれている方もいるかもしれません。しかしながら、いきなり差し押さえが行われることはあり […]

  • 2020.11.18

借金による差し押さえが及ぼす恐ろしい6つの影響

借金による差し押さえが及ぼす恐ろしい影響に関して、分かりやすく6つの項目別に解説していきます。 給料 会社 車 年金 銀行口座 家族関係 債権者が裁判所に差し押さえの申請を行い、要請が許可されると様々な影響が債務者のまわりに起き始めます。 給料の4分の1は借金による差し押さえ対象となる 裁判所に差し押さえの要請が許可されると真っ先に抑えられるのは債務者の給料です。 給料は差し押さえの対象となってお […]

  • 2020.11.16

銀行系クレジットカードのキャッシングには過払い金が発生する

銀行カードローンには過払い金は発生しなくても、銀行系クレジットカードのキャッシングには、過払い金が発生する可能性があります。 2010年以前に銀行系クレジットカードで、キャッシングを行ったことがある人が該当者として挙げられます。 過払い金の時効は10年 キャッシングを完済した日から10年経過していない場合は過払い金の返還請求が可能なケースが多いです。 逆に最後の取引日(最後の返済日)から10年以上 […]

  • 2020.11.15

銀行カードローン等の過払い金に関するよくあるQ&A

銀行カードローン等の過払い金に関するよくある質問を、わかりやすくまとめました。 取り上げていない内容以外で他に聞きたいこと人は、直接弁護士にご相談ください。 銀行名のついたクレジットカードのキャッシングには過払い金が発生しますか? 銀行系のクレジットカードでのキャッシングにも過払い金が発生します。 代表的な銀行系クレジットカードを挙げると みずほマイレージクラブカード(みずほ銀行) 三井住友VIS […]

  • 2020.11.14

完済後に過払い金請求を行うリスクとデメリット

借金完済後の過払い金請求は返済中の借金の過払い金請求とは違い、信用情報に傷がつくリスクがないのが大きな特徴です。 ただし、借金を完済してしまったことに安心感を覚えて、過払い金の存在を知らずに放置してしまい、気づいた時には過払い金の時効を迎えていたといったことも少なくありません。 時効を迎えてしまうと借金完済後であっても、過払い金の請求はできません。 そういった借金の過払い金に関する知識を知っている […]

  • 2020.11.13

過払い金請求後ローンを組む場合の5つの注意点

過払い金請求後に新規で住宅や自動車のローンを組む際には、大きく分けて5つの注意点があります。 信販会社で自動車ローンを組む 合併している会社から借入がある 過払い金で返済中の借金が完済できない クレジットカードのショッピング利用がある 貸金業者が保証会社となっているカードローンから借入がある 注意点をしっかりと抑えた上で、実際に過払い金請求を行った方が良いのか個人で判断が難しい場合は、弁護士に相談 […]

1 3